目の下のクマを皮膚科で取るメリット&デメリット?

長年目の下のクマに悩んでいる方の中には、皮膚科でとってしまおうか、と考える人も少なくないようです。

クマを皮膚科でとる・・・あまり聞いたことないかもしれませんが、美容皮膚科では日常茶飯事らしいですよ!

今は医療も進歩していますし、そんなに怖いことでもないのかもしれませんが、実際のところはどうなんでしょうか?

今回は、目の下のクマを皮膚科でとるメリットとデメリットについて調査してみました!

気になっている方はこの記事を是非参考にされてくださいね。

 

 

進化したクマの治療?もう切るのは古い?

 

「クマ 皮膚科」でネット検索すると、切らないクマ治療とか、日帰り15分のクマ治療とか、何だか簡単にクマが取れる感が満載の広告が目に入ります(笑)。

目の下のクマの治療もさまざまあり、メリットやデメリットも治療法によって違います。

現在の最新治療方法としては、

 

  1. ヒアルロン酸注射
  2. レーザーピーリング
  3. 経結膜化脱脂法

 

これらが今のところは主流のようで、各医院で呼び方は少し変わったりします。

美容皮膚科は基本的に自費治療となるようなんですが、うっ血によるクマは保険適用になるみたいですね。

保険が適用される場合、治療には半年くらい時間がかかるようです。

クマを皮膚科でとる場合のメリットとしては、

 

  1. 短時間で悩みが解消される
  2. 痛みもなく、あっという間にキレイになる
  3. 切らないので跡が残ることもない

 

などがあげられると思います。

クマの種類によっても、かかる時間は費用は変わると思いますが、大きすぎる涙袋による黒クマや、長年の青クマなどは、もしかしたら美容皮膚科ですぐにキレイに治せる可能性がありますので、良かったら一度ネットを検索してみてください。

 

 

クマを皮膚科でとるデメリットはあるの?

 

デメリットとしては、やはり費用面が高いということと、高いお金を出した割に仕上がりが思っていたものと違う、という声が聞かれました。

また、痛みは少ないとはいえ、目の周りは大切な部分なので、万が一何かあった場合心配、という声もあります。

たしかに切らないといえど、ちょっと怖い気もしますよね・・・。

中には、どうしても外科的治療がイヤな方用に、サプリメントやクリームの処方もあるそうなので、医師と相談してみるのもいいかもしれません。

皮膚科でクマをとる、という情報を調べていくと、自己流で面白いケアをしている人もたくさんいることがわかりました。

中には、肩こり用の「ピップエレキバン」を目の下に貼って血行を促している!なんて人もいて、みんないろいろ努力しているんだなと思いました(笑)。

でもやっぱり自己流は何かあった時に怖いし、全て自己責任なので、良い口コミを探したり、近所の美容皮膚科に相談したほうが早いような気もしますね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

私はまだまだ美容医療に抵抗があり、肌悩みは化粧品で解決派なんですが、今回の記事で美容医療のことも調べてみて、意外と良いのかも?と少し考えが変わりました。

とくにクマは、男女問わず第一印象を左右してしまいますし、目というのはイメージ的にも大切な部分ですので、医療に頼るのも手なのかもしれないなと思います。

それに、今の医療は、クマは切らないんですね!

注射やレーザーなどで、寝る間もなく一瞬で終わってしまうみたいなので、何カ月も何年もかけてお手入れするのが馬鹿らしくなる早さですよね。

もちろん、再発というか、クマを取っても何年か後には元に戻るというリスクもありますが、皮膚科でとるというのも選択肢のひとつだと思いますので、興味のある方は検討してみてくださいね〜♪

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です